Hatena::Groupmanabitudukeru

もっと!もっと! 縦横無尽

福島県の小学校教員 なおたかの以前のブログです。

新しいブログは こちらです。

2013-02-26

あしたの会

| 23:41

明日は,わたしが月に一度開いている学習会。今年度最後の開催です。

毎回のように参加して下さっている先生の要望で,来年度に向けて,学級開きについて話をする予定です。

今年度がまだ終わっていないのに,来年度の話を考えるのは難しかったのですが,でも,おかげで,今年の締めくくりについて考える機会にもなりました。


あしたは,こんな話をします。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

わたし流 これからの学級開き


1.今までやってきた学級開きと,これからの学級開き

① 若いころ…良く言えば,教師が「惹き付ける」ためのシステム作り

       別の言い方をするなら,「最初に教師の価値観を押し付ける」

☆ 基本的なルール(給食のきまり・先生が怒る条件など)や係活動の進め方を示す。

☆ 最初にスペシャルな授業をする=「この先生となら楽しい1年が過ごせそう」と錯覚させる。

★ でも,「教師の言うことを聞けば幸せになれる」保証がない時代。

  押し付けても,疑われたり,反発されたり。

★ 有言実行できないことも多かった。

 

② 最近の学級開き(これからもやっていく学級開き)…教師と子ども達の「価値の合意形成」のための時間

☆ どんな学級を目指すのかを伝え,その承認を得る。

☆ 価値観を伝えるための授業=「こんなクラスを目指したいんだけど,皆はどう思う?」

☆ 合意を形成するための授業=「ちょっと体験してみてよ。どう?良いでしょ?」

☆ お題目ではなく,本気で目指す「学級の目標」を作る。=「みんなはどんなクラスにしたいの?」 


2.ポイントは?

 ① 目指す学級のイメージをはっきりと示せているか。=具体性

 ② それは,全ての子ども達にとって「幸せ」なクラスだと断言できるか。=公平性

 ③ 1年間を通して,ぶれずに求めていけるか。=継続性

 ④ それは,客観的に見て,世の中の常識とかけ離れていないか。=普遍性


3.あなたの目指す学級のイメージは?

 <書いてみよう>



チェックしましょう!

 具体性は? 継続性は? 公平性は? 普遍性は?


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今年の学級は,4月に子ども達と合意形成した姿に近付けているだろうか。

そんなことをずっと考えていました。

なかなかシンドイことが多い1年でしたが,まあ,イイ線いってると自負しています。卒業まであと少し。まだまだ伸ばしていきますけどね。