Hatena::Groupmanabitudukeru

もっと!もっと! 縦横無尽

福島県の小学校教員 なおたかの以前のブログです。

新しいブログは こちらです。

2014-03-25

結果を求める

| 06:07

管理者としての視点を持つ上で、わたしが心がけていることの第一は「方法ではなく、結果を求める」ということです。

これって、言葉にするのは簡単ですが、実践できるようになるまでは、非常に難しかったなあ!


今考えると、わたしが『学び合い』を始めた当初は、子供達を特定の方法でガチガチに縛っていました。それは、多分、わたしの中に「わたしが求める方法でやれば、結果が出る」という捕らわれがあったからです。ちなみに、今でも自分が一番好きな教科である国語科では、なかなか自分の方法を手放せません。


今のところ、一番手放せているのは、社会科かなと思います。

算数科も、自分が算数をそんなに好きじゃないので、躊躇なく自分の方法を手放せます。

「俺の例示する方法じゃなくてもいいから、結果さえ出してくれればいいよ」

というスタンスで居られるのです。

これが国語科だと

「俺の例示する方法じゃなくてもいいんだけど、ちょっと試してみてよ。悪いこと言わないから。ね?ね?やってみて?」

という感じになってしまうのです。


でも、一度こだわりを捨てることができれば、ある程度の知識を持っている国語科の授業がやっぱりやりやすいし、結果も出させやすいです。なので、今年度のクラスで全員100点を達成できたのが、国語科だったのでしょう。ちなみに、社会科も、3学期のテスト4枚?の平均は95点程度でしたが、残念ながらあと一歩で全員100点は達成できませんでした。

これって不思議なんですけれど、テストの点数なんてどうでも良いと強く思ってからの方が、点数が上がったんですよね。「どうでも良い」って語弊があるかもしれませんが、でも、テストの点数って学習の目的にはならないでしょう?テストのために勉強するって、あり得ない。

「テストで100点取ったら、ゲーム買ってもらえる」

なんて子も居るかもしれませんが、それだと目的は「ゲームを手に入れること」です。

「テストで100点取ったら嬉しい」

なんて場合は、「達成感」が目的なのでしょう。

他にも、進学だったり、就職だったり。

100点に価値があるわけじゃないんです。テストの点数なんて、一生懸命に勉強して、分かったら教えて、分からなかったら聞いていると、結果として着いてくるものです。

「100点を取ることが課せられているクラス」は息苦しくて嫌になりそう。そういうクラスじゃ学べません。それより、結果として力が伸びているクラスがいいなあ。ちなみに、わたしが「良いクラスなんだろうなあ」と感じるクラスとして、このクラスが御座いました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/daitouiruka/

イルカさんのブログを読んで、「楽しそうに100点を取るクラスのイメージ」を得たことで、わたしの捕らわれを1枚脱ぐことができました。

昨夏のフォーラムでお会いするチャンスがあったようなのに、逃してしまったのが残念・・・。


「100点取れ!」と言われても、子供達は取れません。

頑張りを点数に結びつけるためには、教師の腕が必要です。

その上で、教師の手の届かない子を不幸にしないためには、集団の力が必要です。


あれ?話が支離滅裂。

やっぱり、まだ、わたしの頭の中が贅肉だらけで上手く整理できていません。

またそのうち、ちゃんと説明できるか挑戦だ!

2014-03-24

経営者の視点

| 18:00

わたしがここ数年で分かったこと。それは、

「子供達にとって幸せなクラスを作るには、教師が『経営者としての視点』を持っていることが必須なのだ。」

ということ。


教材や話術を最優先する教師が多いのは承知しています。

教材も、詰まらないものよりは、面白いものの方がいい。

話術も、無い教師よりは、ある教師の方がいい。

でも、なくても何とかなるのです。足りなくても何とかなるのです。

けれど、学級を経営する上で絶対に必要なものは、経営者としての視点なんです。もちろん、それだけあれば万事オッケーではありませんよ。

でも、これがなくちゃどうしようもないのです。

わたしだって、「全員が掛け値なしにハッピーな学級を、俺なら絶対に作れる」だなんて言えません。教師の仕事は、そんなに甘いものではありませんから。

でも、経営者的な視点を持つことで、「不幸な子」を生みだす可能性はグッと下がるのです。


どんなに素晴らしい教材も、どんなに素晴らしい話術も、絶対に「不幸な子」を生み出すのは止められないのです。

逆に、教師が学級経営の視点をちゃんと持っていれば、素晴らしい教材や技術や役に立つのです。


経営者視点。経営者目線。これこそが最優先。大切だよなあ、これ。

と、一人でご満悦でっす。

あとは、わたしが現時点で考えている視点から、どんどん無駄なものを削っていくのがこれからの修行です。

来年度の課題だな。

これで、来年度も、モリモリ楽しんでいけそうです。

2014-03-23

卒業式と同窓会

| 07:35

木曜日は卒業式でした。

今年の卒業式は久しぶりに泣きました。卒業学年を担任するのは6回目ですが、泣いたのは初回の時以来。年数にすると、12年ぶりに泣いたということか…。


今年のクラスは、3・4年生の時にも担任していて、5年生を挟んで6年生でも再び担任するという珍しい持ち方をしたクラスです。小学校6年間のうち、半分をお預かりしたわけですよ、こんな変な担任が!

そりゃあ、当然、「普通じゃない」クラスが出来上がりますよね。

申し訳ない気持ちと、それを許してくれた保護者さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。


しかも、このクラスはあの3月11日を一緒に経験したのです。地震発生時、わたしは授業中でした。言わば一緒に生き延びた同志です。

その上、転入生も多く、様々な事情を抱えながら、それを乗り越えたクラスでもあります。

卒業式の前から、放課後にはよく、一人で泣いておりました。


ですので、式が始まる前からこみ上げていましたし、卒業式の最中は、ずっと涙をこらえていました。大泣きしていても良かったのですが、卒業生の姿をしっかりと見届けたいので我慢していました。コンタクトレンスが流れそうになりながら、耐えていました。もちろん、耐えきれませんでしたが。


でも、思ったほどは泣かなかったというのが本音です。

卒業生の立派な姿を見ればみるほど、わたしは誇らしい気持ちになっていました。

「この子達の成長に、自分はわずかでも関与出来た」

そう思うと、涙と共に、何とも言えない笑顔が沸き上がってくるのでした。




卒業式の翌日は、8年前に担任していた子供達から同窓会に呼ばれて行ってきました。「子供達」と言ってはいけませんね。もう成人した方達ですから。

成人式の後には中学校毎にクラス会があったようなのですが、「小学校の時のメンバーで集まりたい!」という話になって、この時期の同窓会になったのだそうです。

8年経っても、顔を見た瞬間に、誰が誰だか迷いなく分かりました。それでも、話してみれば、8年分の成長を強く強く感じました。思い出話をしたり、人生相談を受けたり。色々な話をしながら、一緒に飲みました。酒を飲んでいても、感覚としては小学生のあの時のまま。不思議で楽しい時間でした。

何人かとは「では、将来、一緒に働きましょう!」なんて話もしました。嬉しいことです。


教え子の成長を実感できる。

教師として最上の幸せを味わった2日間でした。