Hatena::Groupmanabitudukeru

furu-t 学び続ける日々

2013-01-08

[]息子語録

息子(2歳)のお話が上手になってきました。

例えば

ぞうさん=「ウーアー」(ぞうの鳴き声からきているようです)

小さいもの=「ばぶ」

<用例>

①小さいぞうさんいないなぁ(小さいぞうさんの人形を探しているとき)

  ↓

ばぶウーアないな~。



②僕も=「パンパンブー」

僕も行きたい!

 ↓

「パンパンブー」




僕もやりたい!

 ↓

「パンパンブー」



僕も食べたい!

 ↓

「パンパンブー」(笑)



便利な言葉でございます。


③ありがとう。ごめんなさい。いただきます。ごちそうさま。=「キレテテテテン」

いつでも「キレテテテテン」です(笑)




お話が上手になってきた息子ですが、昨日こんなことがありました。


「めんめ~!はっは~!」

上機嫌な声が聞こえるなぁ。と思っていたら、息子(2歳)が机の上でお絵かきをしていました。

○を書くのが上手になってきた彼は、最近お絵かきにはまっています。

○の中に○をふたつ書いて「めんめ~(目が書けたぜ)!!はっはっは~!!」と笑っているようです。

○の中に4つ○を書いて顔をつくった彼は

「パ(ア)ンパンマン!!」とごきげんです。



目と鼻と口。4つ○を書くと顔になることを彼は認識し始めたようですね。

その絵を見て妻が笑いながら言いました。



「○○(息子)って、お鼻のことを『きれいきれい』っていうんだよ(笑)」



そこで、息子の書いた絵を指差して聞いてみました。

まずは目の部分を指差して

「ねえ。これなぁに?」


息子はご機嫌で答えます。

「めんめ~!!」


よし!次はいよいよ鼻だ!聞いてみましょう!

「じゃあこれは?」


「きれいきれいっ!!!」

笑ってしまいました。


そういえば、息子は鼻水がでると、ティッシュをもってきて、

「きれいきれい!(鼻をふいてください!)」ってくるもんなぁ。


鼻=きれいきれい

という構図ができあがっているのですね。

しかし、妻と話しているうちになぜ鼻を「きれいきれい」というのか。もう一つの理由が浮かび上がってきました。

息子は「花」をみても「きれいきれい」と言うんです。


「花」と「鼻」…

たしかに発音は一緒だぜ(笑)


「花」=「きれい」なもの

「鼻」=「きれい」にするもの

むむむ・・・なるほど。

息子の頭の中では実は様々なものが繋がりあっているのですね(笑)

なぜそういう発音で話をしているのか?分析していったら楽しそうです。


当たり前のように言葉が話せる私達ですが、それって経験を積み重ねてきて習得してきたものなのだなぁ。といまさらながら実感。

息子よ。がんばるのだぞ!